受診をお考えの方へ

For patient

はじめに

  • 陽子線での照射は高い治療効果を期待でき、副作用も少ない治療法です。しかし他の治療法と同様に再発する可能性もあります。
  • 全てのがんが陽子線治療の適応(対象)になるわけではありません。また対象疾患でも陽子線治療が適当と判断されない場合もあります。
  • 小児がん、頭頚部がん、骨軟部腫瘍、前立腺がんは健康保険診療です。
  • 上記以外の疾患には先進医療が適用され、治療費(300万円)以外は健康保険診療です。
  • 大阪陽子線クリニックで行う治療は、陽子線治療またはX線となります。がんの診断のための検査や陽子線以外の診療は、主治医にお願いして行っていただきます。すなわち、治療は今の病気に対して主治医と共同で行う医療となることをよくご理解ください。
  • 条件が全て合っていても陽子線治療ができない場合(技術的理由など)もあります。
  • 治療スケジュールには余裕をもってご検討ください。粒子線治療装置には万全の体制を整えておりますが、予期せぬ不具合によって治療を延期させて頂く可能性がございます。また、体調不良によっても延期になる場合がございますので、治療終了予定日の後、1週間程度は余裕を持って頂くことをお願い致します。

一般的条件

  • 治療が受けられる
    全身状態
    これにつきましては、主治医におたずねください。
  • 約30分間じっと
    寝て(座って)いられること
    治療を行うために必要です。

対象疾患

現在治療可能な対象疾患は下記のとおりです。今後、対象疾患は順次更新します。

陽子線治療開始までの手続き

  • 1

    「主治医の先生へのお願い」、「陽子線治療患者紹介用 事前確認シート1(全疾患用)」、「陽子線治療患者紹介用 事前確認シート2(症例別)」の3種類の用紙を主治医にお渡しして、よくご相談ください。

    主治医の先生へのお願い PDFはこちら
    陽子線治療患者紹介用
    事前確認シート1(全疾患用)
    PDFはこちら
    陽子線治療患者紹介用
    事前確認シート2(症例別)
    前立腺がん用
  • 2

    治療の適応判断に必要な検査を行っていただきます。

  • 3

    主治医から、大阪陽子線クリニックあてに、外来診察予約申込みとして「陽子線治療患者紹介用 事前確認シート1(全疾患用)」、「陽子線治療患者紹介用 事前確認シート2(症例別)」の2枚をFAXで送っていただきます。

  • 4

    翌日(土・日・祝を除く)に主治医あてに陽子線治療の可否、診察予約日時、診察を行う外来日等についてご連絡いたしますので、主治医からの連絡をお待ちください。

  • 5

    保険証、紹介状、検査結果、必須検査チェックリストの検査結果などをお持ちの上、連携病院である大阪暁明館病院までお越しください。

  • 6

    大阪陽子線クリニックでの診察・キャンサーボードの結果、治療に適応すると判断された場合は、治療の準備を進めます。(治療準備段階で、必要に応じて金属マーカーを留置します。なお当院は、入院が行えませんので連携病院で入院して頂き処置を受けて頂くことになります)

大阪陽子線クリニックへのお問合わせはこちら

お問合わせフォーム