対象となる主ながん

Target cancer

当クリニックで現在治療できるがん

前立腺がん

前立腺がん

前立腺がんの治療法は、手術療法、放射線治療、薬物療法などがあります。血液検査、画像検査、病理検査により、悪性度や癌の広がりを予測します。陽子線治療は、リンパ節転移や遠隔転移がない場合に適応となり、放射線治療のなかでは最も有効で安全性の高い治療法の一つです。癌の悪性度により、ホルモン療法の併用が必要になることがあります。また、より正確な照射を行うため金属マーカーを前立腺に挿入することが必要になる場合があります。

前立腺がんの放射線治療計画について

CT検査

前立腺がんは多発することが多く、放射線治療は前立腺全体を照射することになります。実際の外部照射と同じように固定具に横になってもらい、CT画像を撮影します。これは線量計算に必要な電子密度を測定するためです。次に照射をおこなう前立腺をCT画像上に示す必要があります。コンピュータは自動的には前立腺を認識することができないためです。しかしながらここに大きな問題があります。CT画像は組織コントラストが悪く、CT画像のみでは正確に前立腺を示すことができない可能性があることがカナダからの研究で明らかになっています。

MRI検査

このため組織コントラストが良いMRI画像で前立腺を示すことを推奨されています。当院は治療専用のMRIを有しており、確実にMRIが施行できより正確な放射線治療が可能です。

CT画像とMRI画像との正確な重ね合わせ

フュージョンのイメージ

コンピュータで、組織コントラストが良好なMRI画像上の前立腺を示すとそのコピーがCT画像に写されます。この機能を使うことではっきりしないCT画像上の前立腺がはっきり正確に示すことができます。前立腺は容易に動きますので、必ずしも同じ位置にあるとは限りません。よって、ここで大切なことはCT画像とMRI画像の前立腺の位置を正確に合わせることが必要です。しかしながらそもそもCT画像で前立腺がはっきりしないためMRI画像を撮影したのであり、CT画像上の前立腺とMRI画像上のMRIを合わせることは困難であることがわかります。

fiducial marker
fiducial marker

ここで必要なものは、fiducial markerです。当院では連携病院である大阪暁明館病院の泌尿器科にお願いして前立腺の中にfiducial marker (Gold Anchor®)を3個挿入してもらっています(図)。そうすることで、CT画像上にも、MRI画像上にも3個のfiducial markerが写ります。このマーカーどうしを合わせることで、CT画像上の前立腺とMRI画像上の前立腺が一致していることが保証されます。この状態にしておいて、MRI画像上で前立腺を示すとCT画像上にコピーされ、CT画像上に正確に前立腺を示すことができます。これで正確に照射する部位が決定されました。

コンピュータにて線量計算

この前立腺に対して放射線治療の線量計算をおこないます。計算結果が問題なければ終了です。

コンピュータにて線量計算

放射線治療計画の検証

次におこなわれるのは、コンピュータでの計画した数値が実際に再現されるか確認作業に入ります。

ボーラスの作成

治療計画装置からのデータをもとに陽子線ビームの深さを調節するボーラスを作成します。このボーラスは患者様の病巣に合わせて作成するため、ひとりひとり専用のものとなり、治療時に陽子線治療装置に装着して使用します。

リハーサル

治療に来られた際の流れは以下のとおりです。

  1. 受付
  2. 問診
  3. 3階へ移動
  4. 更衣→陽子線治療室へ入室
  5. 治療→陽子線治療室から退室
  6. 更衣
  7. 診察(週1回の割合)
  8. 会計→帰宅

治療の時と同じ条件下で、治療室へ入って頂きます(陽子線治療のみ)。
流れについては、当日に説明用紙を読んで頂き、担当技師からもご説明させて頂きます。

位置決め

正確な照射を行うため、治療の前には毎回、位置合わせを行う必要があります。

  • リハーサルと同じように固定具を付けて治療台の上に横になります。
  • 固定具に付けられたマークを目安にしておおよその位置まで治療台を動かします。
  • 正面・側面のX線画像を撮影しながら位置合わせを行い、照合用X線画像との誤差を修正していきます。
  • 誤差が1mm以内になりましたら位置決めは終了です。
照射
  • 粒子線が照射されている間に、痛みや熱さなど粒子線を体で感じることはありません。
    また、直接目で見ることもできません。胸部や腹部に対する治療の場合には呼吸リズムに合わせた治療を行うため、治療時間が長くなります。
  • この間、絶対に動かず、じっとしていただく必要があります。治療が終わってからも指示があるまでは動かないで下さい。

放射線治療開始

このときもfiducial markerは必要です。前述したように前立腺は日々移動します。その時どこに前立腺がいるかfiducial markerをみることでわかります。このfiducial markerを合わせてから実際の照射がおこなわれますので確実に前立腺に照射されることになります。

肺がん

肺がん

肺がんの第一選択は手術になります。しかしながら、合併症等により切除が困難である場合に肺定位照射がおこなわれます。
肺定位照射の適応はリンパ節転移や隣接臓器浸潤のない肺癌です。
陽子線治療は線量の集中性がよくX線での定位照射で適応とならないサイズ(5cm以上)でも適応となることがあります。

肺がんの適応について

末梢型 肺の末梢側の腫瘍かつ肺合併症なし
10回照射
中枢型 肺の中枢側で心臓・食道に腫瘍が近接または肺合併症を有する症例
22回照射