院長ご挨拶

Message from the Director

X線治療の完成型といわれるコンピュータを駆使した強度変調放射線治療(IMRT)はすぐれた放射線治療です。しかしながら、強い透過性をもつX線では、IMRTの技術をもちいても治療が不可能な腫瘍があります。この限界を突破する放射線治療が、腫瘍の位置で止まる性質をもつ陽子線治療です。この陽子線治療でなければ治療が不可能な腫瘍があります。

放射線治療は、体への負担が軽く、通常の日常生活を続けながら治療が可能です。しかし、陽子線治療は建設コストが高いため日本には少数の施設しかなく、陽子線治療をうけるためには遠方まで行く必要がありました。

このたび、大阪に初めて陽子線治療施設が誕生することになり、利便性もよく、陽子線治療をがん治療の選択肢の一つとして検討していただくことが可能になりました。

大阪陽子線クリニック
院長 山本 道法

院長 山本 道法

経歴

岡山大学1987年卒。博士(医学)

  • 1987 岡山大学医学部附属病院にて放射線科研修
  • 1994 癌研究会附属病院にて放射線治療研修
  • 1995 東京医科歯科大学附属病院にて小線源治療研修
  • 2012 City of Hope Comprehensive Cancer Centerにてhelical tomotherapy 研修
  • 2015 兵庫県立粒子線医療センターにて粒子線治療研修
  • 2017 大阪陽子線クリニック院長

日本医学放射線学会専門医(放射線治療)、日本医学放射線学会研修指導者、日本癌治療認定医機構認定医、第一種放射線取扱主任者