陽子線治療について

Proton beam therapy

陽子線治療は最先端の科学技術を駆使した新しいがん治療法です。陽子線治療は、体内のがん(癌 腫、肉腫などの総称)細胞に陽子線を照射して増殖を止める、放射線治療法のひとつです。がん細胞の周囲にある臓器などを傷めるリスクが少ないのが特徴で、これまでのX線やガンマ線を用いる放射線治療では治療が困難であった疾患にも、すぐれた効果が期待されています。がん治療の選択肢のひとつとして陽子線治療の適応を検討することは、これからのがん治療を考える上で大きな意味を持つことになるでしょう。

陽子線治療とは?

陽子線は、粒子線の一種です。粒子線とは、中性子、陽子、炭素イオンなどの粒子の流れです。当院で利用するのは陽子線です。陽子は水素の原子核のことで、プラスの電気を帯びた粒子です。

陽子線治療が有効な代表的な疾患は、前立腺がん・肺がん・肝がん・頭蓋底腫瘍・頭頚部腫瘍(副鼻腔がんなど)などの塊状の腫瘍です。

水素原子から抽出した陽子を「シンクロトロン」という大型の装置を用いて真空中で光速の70%近くにまで一気に加速すると、からだの中への透過力が大きく、がん細胞を破壊する力をもつ陽子線となります。

水素原子モデル

この陽子線をがん細胞に照射して集中的にぶつけ、がん細胞を攻撃して壊します。陽子線の特性を利用して患部に狙い通りにビームを当てることが可能なので、より広い範囲に照射する従来の放射線治療に比べて、患部以外への影響を軽減することができます。