リハビリテーション科

診療担当表


リハビリテーション医師をはじめとし、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師・ソーシャルワーカーなど、様々な専門スタッフがチームワーク医療を行い、患者様の家庭復帰・社会復帰の手助けを行います。

当科は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士で構成されています。





リハビリの主な訓練内容
理学療法
怪我や病気で失われた身体機能の改善を図り、寝返り・起き上がりや歩行などの動作能力を確立するための練習を行います。運動療法として、筋力強化練習や関節可動域練習を行っています。
作業療法
日常生活活動のトイレ動作、入浴動作、更衣動作、排泄動作等の練習を実施し動作獲得を目的に行っています。肩から指先の骨折に対する運動や筋力強化練習、関節可動域練習、高次脳機能障害に対するリハビリテーションを行っています。
言語聴覚療法
主に脳血管疾患によって起こる言語障害や高次脳機能障害のある方へ、機能回復を目標に介入しています。また、食事摂取において、飲み込みの機能が低下している方へ、評価や訓練を通じて誤嚥なく安全に摂取できるよう支援しています。


西播磨圏域リハビリテーション支援センター

このページの先頭へ