薬剤部

特徴

薬剤部では、院内の医薬品に関するすべてに関与し、医薬品の適正使用を目標に一人ひとりの患者さまの薬物療法が円滑に実施されるよう日々業務に取り組んでいます。 主な業務として、調剤業務・薬剤管理指導業務・医薬品情報管理( DI )業務・薬品管理業務などがあります。

調剤業務

調剤は病院薬剤師が昔から行ってきている業務で、現在でも最も基本となる仕事です。 「医師から発行された処方箋にしたがって患者さまのために薬剤を調整する行為」を調剤と呼びます。実際は薬剤を調整するだけでなく、薬の相互作用はないか、投与量はこれで良いか等処方内容が適切かどうか判断するという重要な業務も行っています。

医薬品情報管理業務

厚生労働省やメーカー、院内から届く医薬品情報医薬品情報の収集・検索・分析・管理・提供を行う仕事です。院内の全スタッフ及び地域開業医の先生方を対象に「薬局通信」の発行、院内医薬品集の管理、院内発生副作用情報の管理などを行っています。

薬品管理業務

当院では約1200品目の薬剤を取り扱っています。これらの薬剤は薬局だけでなく病院全体に分散し在庫されています。これらの薬剤の在庫量、使用期限、管理状況の把握などを中心に行っています。

治験について

治験とは、医薬品・医療機器の承認のために必要なデータをそろえる試験です。 医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令、医療機器の臨床試験の実施基準に関する省令(「GCP」と呼びます)に従って行われます。

治験審査委員会

治験審査委員会は、治験の審査をする委員会です。 治験に参加するすべての被験者の人権と安全を守るために、個々の治験の計画について治験審査委員会の委員が一同に集まり、科学と倫理それぞれの観点から審議をします。

このページの先頭へ