平成28年度 医療法人伯鳳会赤穂中央病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 153 79 158 229 273 320 622 947 770 207
高齢化の影響で60歳以上の患者さんが7割近くを占めています。また、内視鏡治療の増加により50代の患者さんが増加傾向となっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 146 63.50 21.25 9.59 85.22
01021xxxxx0x0x 認知症 39 3.92 13.60 7.69 87.28
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 38 25.61 12.43 2.63 78.16
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 32 14.63 11.06 9.38 75.91
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 24 16.08 7.89 0.00 63.00
平均年齢が80歳を超えている誤嚥性肺炎では、回復期リハビリテーション病棟とのスムーズな連携により治療からリハビリテーションまでシームレスな対応をとれるのが当院の特徴です。また、消化器内科医による低侵襲な内視鏡治療を積極的に行っています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 68 1.04 3.34 0.00 65.71
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 45 2.40 3.06 0.00 70.82
050130xx99000x 心不全 23 22.57 17.95 0.00 81.57
050210xx97000x 徐脈性不整脈 18 7.28 11.38 0.00 76.17
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 15 6.40 4.71 0.00 76.13
従来より低侵襲な下肢静脈瘤に対するラジオ波での治療を積極的に行っています。狭心症の診断は、入院でのカテーテルではなく、通院でCTを使用し行っています。次いで、高齢での慢性心不全や心不全の急性増悪の患者さんが多いです。また、クリティカルパスの使用を積極的に行っているため平均在院日数も短縮傾向にあります。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出産時体重1500g以上2500g未満) 29 6.31 11.55 24.14 0.00
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出産時体重2500g以上) 22 6.36 6.18 40.91 0.00
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 17 5.18 5.79 5.88 5.59
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 14 2.50 3.95 0.00 2.14
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 13 4.69 6.02 0.00 2.85
低出産体重児の症例が多くあり、状態に応じ総合周産期母子医療センターとも連携しています。それ以外では、気管支炎、肺炎等の呼吸器感染症、救急搬送による熱性けいれんの症例が多くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 30 14.17 12.35 0.00 68.33
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 22 15.14 14.83 4.55 73.27
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 20 2.10 3.68 0.00 69.85
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 20 11.90 6.82 5.00 62.85
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 18 11.67 12.73 0.00 66.22
肺癌に対する化学療法入院が多く、疼痛管理等の緩和ケア入院も受け入れております。また、胆嚢結石症で入院される患者さんに対し腹腔鏡下での低侵襲な治療も行っております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 60 64.57 27.63 5.00 78.78
160760xx97xx0x 前腕の骨折 48 8.40 5.49 0.00 53.73
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 18 61.72 20.57 0.00 81.83
160850xx97xx0x 足関節・足部の骨折、脱臼 11 6.09 9.86 0.00 44.55
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 10 65.90 26.26 0.00 72.20
高齢者の大腿骨、股関節に対する手術が最も多く、脊椎の圧迫骨折や膝の人工置換術後に早期よりリハビリテーションが介入し状態が安定した後は、回復期リハビリテーション病棟において在宅復帰に向けて取り組んでいます。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 16 23.94 16.54 12.50 69.81
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 19.35
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 9.87
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 11.83
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 16.73
脳卒中(脳梗塞、脳出血等)、頭部外傷などを中心とした緊急を要する疾患に対し、24時間の医療体制をとり治療に取り組んでいます。また、急性期治療を終えた患者さんに対して自院でのリハビリテーション加療に力を入れています。
※集計が10件未満の場合は、-とさせていただいております。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 52 11.94 9.88 0.00 29.98
120260xx01xxxx 分娩の異常 46 12.13 9.77 0.00 30.61
120140xxxxxxxx 流産 42 1.98 2.43 0.00 31.38
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 31 3.19 5.12 0.00 70.55
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 31 14.32 10.05 0.00 44.39
普通分娩が増加しており周産期での帝王切開症例が多いです。予定での反復帝王切開や自然分娩がハイリスクな患者さんへの帝王切開術を緊急で行える体制を整えています。次いで子宮癌に対する化学療法入院も多くなっています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx990xxx 睡眠時無呼吸 25 2.00 3.63 0.00 54.96
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 7.47
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 8.12
睡眠時無呼吸症候群におけるPSG検査、またその結果によってCPAP療法を行っています。それ以外では、扁桃腺、慢性副鼻腔炎に対する手術入院が多く、内視鏡下副鼻腔手術においては、ナビゲーションシステムを用いより安全な治療を行える設備を整えております。
※集計が10件未満の場合は、-とさせていただいております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 59 7.49 7.44 0.00 74.98
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 14 7.21 11.72 0.00 71.71
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等 13 13.46 7.78 0.00 73.92
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 11 6.73 5.83 0.00 55.36
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患 10 6.70 5.75 0.00 69.00
尿路悪性腫瘍の内視鏡手術、化学療法入院が多いです。また、ホルミウムレーザーによる前立腺肥大症の治療、結石に対する治療を積極的に行っています。尿路腫瘍に対しては、内視鏡手術による低侵襲な治療を心がけています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 13 20 1 7
大腸癌 13 55 1 7
乳癌 52 1 7
肺癌 21 14 28 52 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
再発の件数が多いのは、化学療法による繰り返す入院が相当しています。また、病気分類が不明になっているものは検査入院で退院までに確定できていないものが含まれています。
※集計が10件未満の場合は、-とさせていただいております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 14.81 48.19
中等症 42 24.50 79.43
重症
超重症
不明
市中肺炎では、軽症から中等症の患者さんが多くなっております。また、高齢の方ほど重症度が高い傾向ですが、大半の方は抗生剤の投与で軽快されます。
※集計が10件未満の場合は、-とさせていただいております。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 13 15.31 78.69 5.56
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 -
I63$ 脳梗塞 3日以内 53 62.77 74.55 7.58
その他 13 82.62 73.92 4.55
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> -
I679 脳血管疾患,詳細不明 -
脳梗塞の3日以内に発症した症例が多く、迅速に急性期治療を行うと同時に、脳梗塞による合併症や後遺症を防ぐため早期リハビリテーションの介入も行っています。また、回復期リハビリテーション病棟との連携を行い、総合的に治療を行っています。
※集計が10件未満の場合は、-とさせていただいております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 155 0.01 1.09 0.00 64.59
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 15 5.13 22.67 13.33 78.93
K654 内視鏡的消化管止血術<胃> 13 3.08 25.77 0.00 72.38
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層)<十二指腸> 12 1.25 9.75 0.00 67.92
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う)
短期入院での大腸ポリープや大腸腺腫に対する内視鏡的切除術を最も多く行っております。次いで、胆道疾患に対して行われる手術、消化管出血に対する止血術の症例が多くなっております。
※集計が10件未満の場合は、-とさせていただいております。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 69 0.00 0.26 0.00 65.88
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 14 0.57 6.21 0.00 71.43
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈)<移植> 13 1.77 10.85 0.00 71.08
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 10 1.00 7.40 0.00 67.40
K610-3 内シャント設置術
下肢静脈瘤のラジオ波での治療が最も多く、他にはカテーテルによる冠動脈ステント留置術など低侵襲治療も行っております。また、人工透析を始める患者さんへのシャント作成、既に人工透析を行っている患者さんのシャントトラブルに対する治療も行っています。
※集計が10件未満の場合は、-とさせていただいております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 36 1.86 13.44 2.78 62.47
K6335 鼠径ヘルニア手術 32 0.16 4.25 0.00 59.81
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頚部その他) 18 1.28 13.67 0.00 60.83
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 14 3.79 25.86 0.00 71.36
K4361 顎骨腫瘍摘出術(長径3cm未満) 11 0.91 3.18 0.00 51.91
3D内視鏡装置を利用した腹腔鏡下胆嚢摘出術が多くなっております。また、当院では腹腔鏡下での結腸悪性腫瘍切除術など消化器の外科的症例にも力を入れております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 54 2.02 53.50 3.70 75.93
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 36 0.83 24.58 0.00 60.75
K0483 骨内異物(挿入物)除去術(前腕,下腿) 24 0.25 2.79 0.00 61.21
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 22 2.41 70.05 9.09 77.59
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足),その他) 18 1.56 25.56 0.00 47.33
高齢者の方に対する大腿骨、前腕骨の骨折観血的手術が多くなっております。また、大腿骨頚部骨折に対する人工骨頭挿入術も行っており、手術後早期から歩行訓練を開始することができます。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 19 3.26 42.21 10.53 75.26
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの)
K145 穿頭術後脳室ドレナージ
K164-4 定位的脳内血腫除去術
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所)
慢性硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術が最も多くなっております。また、脳腫瘍、脳内血腫に対する手術症例も増えておりナビゲーションシステムを用い、より安全な治療を行える設備を整えております。
※集計が10件未満の場合は、-とさせていただいております。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 79 4.43 9.99 0.00 30.96
K9091 流産手術(妊娠11週まで)<拡張および搔爬> 46 0.50 0.96 0.00 31.65
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 38 0.92 9.89 2.63 28.87
K861 子宮内膜搔爬術 32 0.06 1.25 0.00 43.81
K877 子宮全摘術<腹式> 25 1.12 12.56 0.00 45.84
帝王切開、流産に対する手術が大半を占めております。自然分娩時にリスクが高いと判断した場合は緊急で帝王切開を行える体制を整えております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 157 0.00 0.92 0.00 77.76
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合)
白内障の手術を行っております。
※集計が10件未満の場合は、-とさせていただいております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 38 0.00 6.74 0.00 75.92
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 30 0.07 0.23 0.00 50.40
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 22 0.05 6.45 0.00 73.55
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) 14 0.93 10.43 0.00 68.50
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) 13 0.92 11.54 0.00 73.92
膀胱の悪性腫瘍に対する手術が最も多く、次いで、結石に対するESWL、レーザによる砕石術を行っています。内視鏡による低侵襲な治療も行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 10 0.26
180010 敗血症 同一 17 0.45
異なる 12 0.32
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 22 0.58
異なる
当院では、同一医療圏内外を問わず他施設から血液疾患患者さんの紹介件数が多く、そのため播種性血管内凝固(DIC)、敗血症の割合、治療実績共に多くなっております。手術・処置等の合併症に関しては、当院及び近隣医療機関の透析を行っている患者さんのシャントトラブルが全件数となっております。
※集計が10件未満の場合は、-とさせていただいております。
更新履歴
平成29年9月27日
平成28年度分を公開しました。
平成29年10月2日
成人市中肺炎の重症度別患者数等の内容を一部訂正しました。