放射線科

診療担当表

    画像診断学の進歩により、放射線科の仕事はますます重要性を増しています。当科では消化管造影、血管造影(DSA:デジタルサブトラクションアンギオグラフィ)、CT(64列マルチスライスCT)、MRI(1.5テスラ超伝導)、PET/CTを行い、その精密な読影を通じて患者様の健康に貢献しております。また、これらの検査の待ち時間の短縮にも努めております。開業の先生方にもお気軽に検査をご利用頂きます様、よろしくお願い申し上げます。
近年の血管造影の技術も進歩し、これを応用した治療も多数行っています。肝動脈腫瘍塞栓術(腫瘍が栄養とする動脈をつめて腫瘍をたたきます)、動脈リザーバー留置術(腫瘍が栄養とする動脈にお薬を流します)、胆管ステント留置術(細くなった胆管を広げて、胆汁の流れを改善します)など、内科、外科と協力しながら集学的治療に努めています。
 64列マルチスライスCTの導入
当院では、最新の64列マルチスライスCTを導入いたしております。 マルチスライスCTとは、体軸方向に複数個の検出器を配列することにより、1回のX線管球回転で複数の画像を收集できるCTの事です。


このページの先頭へ