外科

診療担当表

 
 
     


当科では各自が専門性を持ちながら互いに協力し、高い技術と温かな医療を提供いたします。24時間いつでも緊急手術に対応できます。国際・全国レベルにおける学会活動、論文発表も盛んです。

 1.一般外科・消化器外科

消化器外科として食道・胃・肝胆膵・大腸など消化器の悪性・良性疾患を担当します。 また、そけいヘルニア・一般外傷の治療も行います。

トピックス①~鏡視下(内視鏡)手術
甲状腺・乳腺・胃・胆のう・大腸などの手術で可能なものは内視鏡を併用する鏡視下手術を行っています。 鏡視下手術は創が小さく ①術後の回復が早い(低侵襲性)と ②美容性の二つの側面を兼ね備 えています。胆嚢の手術では、臍部のみの切開で行う単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術を取り入れています。胃がん、大腸がん、肺がんなどの悪性腫瘍も症例により鏡視下で行うことが可能です。

トピックス②~短期入院そけいヘルニア(脱腸)手術
そけいヘルニアは足の付け根あたりの筋肉や筋膜がゆるんで隙間から腹膜が袋状に伸びてくる病気です。いわゆる「脱腸」と呼ばれる病気です。放っておくと腸が飛び出して戻らなくなることもあるので治療には手術が必要です。当院ではそけいヘルニア手術をお仕事の都合などに合わせて数日間の入院で行える様に術式や処置を工夫しています。

トピックス③~けがの治療
従来のけが(外傷)の治療は「消毒とガーゼ保護」が中心でした。外科では去年より外傷の治療法を大幅に見直し、痛みが少なく創の治りを早くする環境を作る「閉鎖療法」の考え方に基づいた治療を実践しています。特に縫合出来ないような「すり傷」の治療期間は明らかに短縮され皆様に喜ばれています。


トピックス④~外来化学療法
乳がん、胃がん、大腸がん、膵がんなど術後に補助的な抗がん剤治療を外来化学療法室にて行っています。医師のみならず、看護師・薬剤師などでチームを作り、症例毎に十分な検討の上オーダーメイドの抗がん剤治療を行っています。



下部消化管領域については専用ページをご覧ください。

 2.呼吸器科

呼吸器科については、専用ページをご覧下さい。


 3.乳腺・甲状腺外来

乳腺外来・甲状腺外来にて各々の疾患の早期発見に努めています。
乳腺では乳癌を中心にPET・CTも含めた詳しい検査の上、最新の手術・化学療法をオーダーメイドで行っています。
甲状腺ではパセドー病などの良性疾患のみならず早期甲状腺癌の発見を目指して非侵襲的な最新の超音波検査を行っています。
また、手術は全国でも珍しい鏡視下手術を取り入れ、整容性に優れているため女性の方にも好評を得ています。

このページの先頭へ